第3回女子部イベント リケジョには可能性がいっぱい!

はじめまして!あやです

10月17日に未来技術推進協会女子部では、第3回イベントを開催しました!

テーマは「STEM分野での女性の働き方と活躍」

ゲストに笹川平和財団の小木曽麻里様、経団連の小川尚子様、イスラエル女子部の三木ありさ様をお招きしてパネルディスカッションを行いました!超豪華!!

※STEMとは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学), Mathematics(数学)の総称。

ゲスト3名のキャリアスタートのきっかけから、日本の現状、これからどのようにしたら良いかお話しいただきました(*^^*)

衝撃だったのは、日本では無意識にジェンダーバイアス(社会や文化における性的な偏見)がかかっているということ!

理系分野の仕事に男性が多く、文系分野の仕事に女性が多いのもその典型だそう。

確かに、大学で考えてみると、理系大学(特に技術系)は男性が多いイメージがあります。

これがジェンダーバイアスだったとは…!!!Σ(・∀・;)

教えていただいたのはこのジェンダーバイアスがあることを認めた上で、女性が活躍する社会にするにはどうしたら良いか考える必要があるということ

また、学校教育などの公教育よりも実は家庭教育のほうが子どもたちには重要なことも教えていただきました(*´ω`*)

技術、工学など、理系分野の多くは男性が就く仕事というイメージはあるかもしれません。また、理系分野は専門性があって難しそうというイメージもあるかもしれませんね

しかし、女性は技術を使って何ができるのかを考える力に長けています。さらに技術だけてはなく、社会課題にも目を向けている方が多いそう

ここに、理系分野で女性が活躍するヒントが隠されているでしょう((((o゚▽゚)o)))

理系分野では女性が活躍できる伸びしろはまだまだたくさんありそうです

これからAIやロボティクス、ARやVR、IoTなど様々な技術が進展する時代になってきました。

これを機に、理系分野に目を向けてみる のも良いかもしれませんねヽ(*^^*)ノ